長期化する人手不足等で、その対策にご苦労されている事業所等も多く見受けられます。
山形県では労働力人口の減少が続いておりますが、「まだまだ働ける、働きたい!」と考えている60歳以上のシルバー層も数多くいらっしゃいます。

山形県シルバー人材センター連合会では、山形県から委託を受けて県内各地の事業所を訪問し、60歳以上のシルバー層活用による“事業所の人手不足解消”を目指すとともに、高齢者が活躍できるよう取り組んでいます。

私たちは、新たにシルバー人材の活用を希望される事業所の皆様の声を、市町村シルバー人材センターやハローワークなどに届けます。

事業紹介チラシ

シルバー人材を活用することのメリット

事業所では

☆人手不足の解消
☆再就職・離職の防止(育児や介護などを行う現役世代の負担軽減)

地域では

☆ 高齢者の生きがいの充実、生活の安定
☆地域社会の発展、現役世代の下支え

事業の概要

就業支援コーディネーターが、事業所を訪問し、高齢者の活用についてのPR とご要望をお伺いし、アドバイスも行います。
お聞きした内容に応じて、市町村シルバー人材センターやハローワーク等に情報提供し、具体化をお手伝いします。
※なお、具体的な業務内容や条件等については、別途、個別に交渉を進めていただきます。